スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ見てきました。

2011.01.31 17:32|映画
もうね~こんなに待ち遠しく感じた事なかったよ。なんかリアルに楽しみでワクワクしてました(笑
映画が決まって、撮影はちょうど1年前くらい。神戸はほんと今の時期で終盤でしたよね。
わたくしが原作を読んだのもそのくらいかな?
あれから1年、やっと作品としてお披露目される形になって

今日の朝一の回で観てきました。なんか予想外に子どもが多かった・・・代休なのかなぁ。
まさか学級閉鎖中じゃないよね??と思いつつ。

これから観る人へ。
最後エンドロール的に名前が出るんですけど、今回そこで立ち上がって出てく人が物凄く多かったんですよね
男性の方が多かったかなぁ。
名前出始めるんですけどもう少し続きますからね。
それとエンドロールの後はPART2の予告的なものも入るし、ぜひ最後まで観て下さいね~

原作は読んだほうがいいかなあと思いました。
読むまでいかなくてもあらすじ的に知ってるほうが理解しやすいなと思います。
原作を知ってる上での理解できるシーンもあったと思うので、知らない人にはどううつったんだろうって思いました。

そしてPG12区分について、妥当だなと思いました。
12歳以下の子どもを持つ親として、わたくしは子どもには見せないという判断をすると思いますね。
原作を知っていて、そして映画を観て。原作のグロイ感じをどう映像化するのかと思っていました。
もちろん原作ほどのグロさはないけど、やっぱり怖いと感じるものはあったし、それが子どもにどう影響を与えるのか・・・を考えたときに、今の年齢でわざわざ見せる必要はないなと。
こう思う背景には自分自身のトラウマ的なものがあるのかな。
たいした事ではないんだけど、昔ノストラダムスの大予言のテレビを見てもの凄く怖くなっちゃったんですよね。
ある程度の年齢になるまでやっぱそれは「怖い」という感覚で残っていたし、今思い出しても当時怖かった自分の感情は覚えてます。
そういったビビリな感情の持ち主だから、こんなわたくしが親だからなんでしょうけど。
どう思うかは子どもなんですけどね。特にPG12指定のついてる映画を今見なくてもいいんじゃないかなと言う答えでした。めっちゃ見たかったら中学生になって自分で判断してDVDなりを見てみなさいって感じかな。

ま、この考え方にはいろんな考え方があると思います。
わたくしの場合という事で


観た感想は下に隠します。かなりネタバレもしてあります



拍手してくださった皆様、ありがとうございました
【拍手返信】
1/27 6時頃拍手いただいた匿名kちゃん
実家の捕獲はどうなってる事やら・・・しばらく行けないので祈るのみです。
地上波も録画してないときに見ちゃうことが多く、Mラバ以外では3つほどしか捕獲できてないよ・・・
kちゃんはどんな感じかなぁ。

1/27 21時頃拍手いただいた匿名mさん
スペシャの確認はまだできてないんですよ~実家が近いといいのにと久しぶりに思いましたよ(笑
1時間に10個ほどですか~コンプは無理でも結構録画できてると期待しておきます。
ツイッターありがとうございます。あちらでもよろしくです

さて、感想を。
上にもちょっと書いたけど、流し読み的にだけど1度原作を読みました。
ストーリー的にはすごく面白いって引き込まれるのだけど、わたくし的には描写のグロさが苦手で。
特に最初の地下鉄のシーンとかは、リアルに引いたし
映画ではどういう描写かなと思い、結構最初は恐る恐る見る感じでした。PART1は原作に忠実だって聞いてたからね。結局設定とか変えたりなくなったりっていう部分がそこそこありましたね。

正直に言うと最初の星人のねぎ星人あたりは、結構苦手描写が多かったかなぁ。
わたくし液体とか結構苦手で
苦手で言うと子どもが犠牲になるってのもダメで・・・原作読んでるときからヤなシーンでした。
それにねぎ星人編がやたら長く感じましたけど。

と、苦手部分を先に書いた上で。
にのみぃ演じる玄野計。ほんとに人間くさいと言うか、男の子だなぁと思いました。
子どもな部分も見えてる気がした。ガンツスーツを着る事で物凄い力を得てそれが自意識過剰的にもなって。
正義の味方じゃないけど、そう思い上がるだけかと思ったら、加藤と一緒にいたからこそそこを越えていって。
玄野が変わっていく様も凄く好きだけど、わたくしは偽善者と言われる加藤がとってもよかったです。
玄野とは別の人間くささがありました、戦う事に慣れることなく。

そして泣かされるシーンもありました。2ヶ所かな。
岸本が死んじゃうシーンで加藤くんは歩くんの所に帰らなきゃね・・・的なセリフにドバっと
次は加藤が死んだ後、歩の所に玄野が訪ねて行く所。あの玄野の顔に泣かされましたね
そして加藤が死んじゃうシーンも結構グっときました。

あとズキュンなところも。
多恵との地下鉄。線路に上がらない玄野の手を引っ張りあげた後の多恵告白のシーン。
あの玄野のゴメンにはやられちゃいました

とにかく見終わった後めっちゃ興奮してる自分がいました
こんな映画って観たことあったかなって感じです。
純粋にGANTZファンの方の感想ってどうなのか知りたいところです。
↑書き終わってから今発売中のMOREの一途記事知りました。
そうだね、そうでした。にのみぃのお仕事に対する取り組み方。理解してるようでできてないな、わたくし・・・



なんか思いついたところをポンポンと書き出しました。
また近いうちに見に行こうと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

arisha

Author:arisha
2006年年末「きっと大丈夫」を楽しそうに歌う嵐にあっという間に堕ちました。
二宮和也くん一推しです。
近頃櫻葉二推しかも(笑)
和くんも翔ちゃんも相葉ちゃんも潤くんも智くんも・・・実は嵐5人とも大好きです♪

子持ち主婦だけど・・・良かったら嵐話咲かせてください。
気軽にコメントして下さいね。

申し訳ありませんが、こちら判断でコメント削除をする場合があります。

twitter

記事一覧・ブログ内検索

* * *

©Plug-in by ASIA SEASON

Lc.ツリーカテゴリー

嵐友ちゃんブログ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

最近のコメント

amazon

ポッキークロック

鍵盤クリックしてね。

ARASHI PEOPLE

Cotegory by ARASHI PEOPLE

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。